言葉、思考、孤独、コミュニケーション

「ニュースピークの真価を理解していないな、ウィンストン。(中略)ことばの破壊が持っている美しさが分かっていない。ニュースピークが年ごとに語彙を減らしている世界で唯一の言語であることを知っているかい?」

「分かるだろう。ニュースピークの目的は挙げて思考の範囲を狭めることにあるんだ。最終的には<思考犯罪>が文字通り不可能になるはずだ。何しろ思考を表現することばがなくなるわけだから。」

(ジョージ・オーウェル  『一九八四年』(高橋和久訳)より抜粋)

言葉と思考の関係性は、とてもありふれた議論ですが、それだけ本質的なものを含んでいるテーマなのだろうと思います。『一九八四年』に登場する「ニュースピーク(Newspeak)」も、言葉の性質を端的に表した、美しい概念だと感じます。

 

言葉の身体性と空間性

言葉には、身体運動としての性質と、思考空間としての性質があると思っています。

 

「身体運動としての性質」とは、声を出すことが運動であるという意味です。大きな声を出すときと、小さな声を出すときで、運動は異なりますし、日本語、英語、中国語、フランス語、…といった言語は、それぞれに異なる運動を以って発せられます。

言葉を発することは、人間以外の動物が鳴き声を発することの延長であると考えると、人間にもそれぞれに、鳴き声の特徴があり、それが骨格や筋肉の形成に影響を与えます。それは、言語がどういう思考を可能にするかという問題と完全に切り離されているわけではありませんが、例えば、発声法が精神に影響を与えるように、一定は独立したテーマとして扱えると思います。

 

「思考空間としての性質」とは、まさにニュースピークの議論でなされているように、言葉によって、思考できる領域が支配されるという意味です。

『一九八四年』では、「良い」があれば十分で、「悪い」は不要だし、「素晴らしい」も「申し分のない」も不要だと主張されます。「良い(good)」という言葉には、反対概念としての「悪い(bad)」が含まれており、「非良い(ungood)」でいい。むしろ、完全なる対義語として、「悪い」より「非良い」の方が優れているのだという論が展開されます。

 

結果として、曖昧さという可能性が排除され、立体性を失った思考空間は、「思考犯罪」(政府の意図に反した思考を行う行為)を不可能にする。これが、冒頭で抜粋した文章の主張です。

 

寂しさからの出口、孤独への入り口

生きるということは、曖昧さに満ちています。だからこそ、確からしさという道具は重要な意味を持つ。曖昧さは不安で、寂しくもある。

曖昧さと確かさ、孤独と寂しさ」でハンナ・アレントの主張を引いたように、寂しさは確からしさを求める。ニュースピークはまさに、確からしさを高めるためのツールです。そして、それは全体主義が利用する手口である。

 

最近、たまたま会った方から、「たゆたう」という言葉が好きであるという話をされました。普段は使わないし、意味を説明することもできないが、確かにわかる言葉であることに美しさを感じる、と。

 

個人的に興味深いと感じる言葉は、チャットツールで利用される「スタンプ」です。伝達される情報を意図的に曖昧にすることで、コミュニケーションの流動性を高める効果があると感じます。

スタンプは、従来の言語の解像度を失わせているようにも感じますが、一方で、流動化する世界でのコミュニケーションにおいて、最適な解像度の調整に寄与しているとも感じます。

 

あるとき、英語文学を専攻している方に、「解像度を高めることは、見ている世界を誰とも共有できない状態に向かうことである」と言われたことがあります。

言葉の「思考空間としての性質」から考えると、言葉を深める(= 解像度を高める)ことは、空間の固有性を高めることであり、孤独を形成することです。逆にいうと、思考によって、言葉によって、人は孤独を許される。

 

しかし、人は他者とのコミュニケーションを必要とする存在でもあります。流動化した世界では境界は曖昧になり、誰にどんな状況が発生しているかが見えなくなっていきます。

過去の境界において共有されていた言葉は、もはや意味を共有できないものとなることもあります。そして、言葉は失われ、意味の伝達はほとんど不可能になる。

 

スタンプは、流動化した世界において、曖昧さを調整しながら、意味を伝達する新しい言語であるのかもしれないと感じます。

 

ただ、私個人としては、孤独であることが尊いのだとも感じます。

 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 582

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です