志有る者は成る

落落難合、有志者事竟成、

落落として合わせ難きも、志有る者は事竟に成る。

(後漢書  耿弇伝)

後漢の光武帝が将軍の耿弇(こうえん)を激励した言葉として、『後漢書』に収められている言葉です。

 

「志」に関する言葉は古来より非常に多くありますが、私はこの一節の前半がとても気に入っています。

 

「落落として」とは、「志が大きすぎて、世俗と合わない」状態を表すそうです。

つまり、「志」は世俗などとは関係なく、自らが信じる強く、広大なものであるべきであるというメッセージが、この一節には込められていると感じます。

 

「志」などというものは容易く達成できるものではなく、それを達成しようと思えば、もう「出来るまでやるしかない」と私自身は思っています。

そして、「志」を立てたなら、「すぐに」「常に」やるしかないものだとも思っています。

 

ただ、生半可な「志」では、そのような態度を取ること自体が非常に難しいと感じます。

 

自戒を込めて、「志を固める」ことの大切さを感じるこの頃です。

 

草原の風  上巻
草原の風  上巻

posted with amazlet at 12.04.30
宮城谷 昌光
中央公論新社
売り上げランキング: 45615

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です