上兵は謀を伐つ

上兵伐謀、其次伐交、其次伐兵、其下攻城、

上兵は謀を伐つ、其の次は交を伐つ、其の次は兵を伐つ、其の下は城を攻む。

(孫子 謀攻編 二)

『孫子』は心理を戦略の中心に据え、『呉子』は物理を戦略の中心に据えていると言われます。この一文は、その思想が端的に現れているなと思います。

 

『孫子』はいわゆる戦闘をすることが最上とはしていません。「国を全うする」ことが基本であり、戦う場合でも敵の謀(はかりごと)を伐つことが最上とし、犠牲の多い城攻めは下策としています。

 

現代社会における戦いは、実際に殴り合うことはほとんどありませんから、『孫子』の戦いが本当の戦いなのだと私は考えています。

 

ちなみに私は、この一文の中で「交わりを伐つ」という部分がとても好きです。人とつながっていることは守りの基本で、孤立することは愚策。これは国でも家でも個人でも、共通だと思っています。

 

孫子・呉子 (全訳「武経七書」)
守屋 洋 守屋 淳
プレジデント社
売り上げランキング: 85514

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です