衆人の知る所に過ぎざるは

見勝不過衆人之所知、非善之善者也、

勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは、善の善なる者に非ざるなり。

(孫子 形編 二)

「善の善なる者」という表現は、『孫子』において繰り返し用いられる表現です。

 

優れた将は、大衆には分からない勝負の機微を見るべきであり、その勝利は天下が「善」と評価するような戦い方によるものであってはいけない。

これは、『孫子』の戦いに対する思想を非常に良く反映した表現だと感じます。

 

見えないものを見ることが将に求められる能力であり、勝利の真の核は、天下に知られるようなものではないのだと思います。

 

それは、繰り返される戦いに継続的に勝ち、生き残るためにも非常に重要な概念だと感じます。

なぜなら、自らの「手口」を晒すことは、将来の負けにつながる可能性もあるからです。

 

例えば、企業の経営者にしても事業の責任者にしても、本当の勝ちの「手口」はその人固有のものであり、それは戦略や業績のアピールとは別次元で管理されるべきものなのだと思います。

 

勝つための視野・視点に対して深い示唆を与えてくれるだけでなく、戦いを捉える次元についても示唆深い一節だと感じます。

 

新装版 孫子(上) (講談社文庫)
海音寺 潮五郎
講談社
売り上げランキング: 58725

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です