待つ有ることを恃むなり

用兵之法、無恃其不来、恃吾有以待也、無恃其不攻、恃吾有所不可攻也、

用兵の法は、その来たらざるを恃むこと無く、吾れを以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻むべからざる所有るを恃むなり。

(孫子 九変編 六)

『孫子』の「九変編」は、戦場特有の臨機応変な振る舞いについて説くものです。

 

その本質は、戦場で起こる事象のあらゆる利害・損益の理を考慮し、コントロールして最善の対応を取ることだと考えています。

ここでご紹介した一節が「九変編」に現れるのも、そのためだと捉えています。

 

智者は必ず、利益だけでなく損害も合わせて考えるものであり、将にはそのように物事を判断する力量が求められる。

そして、それでこそ戦局を有利に運ぶ「臨機応変」な処置が実現するのだと、『孫子』の言葉は解すことができます。

 

例えば、敵が逃げるの見たら、真の敗走か佯敗かを見極める必要があり、ただ追えばよいというわけではありません。

また、進退極まった敵をあまり追いつめすぎると思わぬ反撃に遭い、自軍が傷つくといったことは歴史上の戦いでも珍しくありません。

 

つまり、事象の表裏や意外な一面を見逃し、「応変」を失ったところに敗北があるということだと思います。

 

戦場においては「神速果断」が求められることを考えると、いかに経験を積むかということと同時に、いかに日常から戦場を思い描き、シミュレートするかが非常に重要だと感じます。

 

孫子 (講談社学術文庫)
孫子 (講談社学術文庫)

posted with amazlet at 11.12.17
浅野 裕一
講談社
売り上げランキング: 13017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です