兵は詭道

兵者詭道也、

兵は詭道なり。

(孫子 計編 三)

戦略というものは、異常であることが大切で、正常な方法を取るものではない。

 

この一文は、私が『孫子』の中でもっとも好きな「虚実編」に通じるところがあると感じます。つまり、まっすぐではないから相手が攻撃できない存在となり、相手が防御できない状態を作り出せると。

 

ただ、戦いは詭道ですが、政治や人としての活動には正道が必要で、これが困難なために政治・軍事の双方で大成功する人物は少ないのだという話を読んだとき、とても得心がいった覚えがあります。

「管鮑の交わり」で有名な管仲はその稀な人であったが、それ以降なかなかそれほどの人物はいなかったと。

 

正常さと異常さを併せ持つ、本当に強い人になりたいと考えています。

 

新訂 孫子 (岩波文庫)
新訂 孫子 (岩波文庫)

posted with amazlet at 11.05.12
岩波書店
売り上げランキング: 1282

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です