善の善なる者

百戦百勝、非善之善者也、不戦而屈人之兵、善之善者也、

百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり。

(孫子 謀攻編 一)

敵と力戦することではなく、国を全うすることを上策とする『孫子』の思想が良く現れている一節です。

 

戦って勝つことが「戦略」の目的と捉えられがちですが、私は必ずしも戦うことが最上ではないと考えています。

 

国家間の利害にしても企業間の利害にしても、どうしても戦わなくては解消されない問題が多いため、つい「戦いに勝つ」ことを「戦略」と同義に捉えてしまいそうになります。

ただ、『孫子』も説くように「百戦百勝」が「善の善なる者」ではないと思うのです。

 

自分の目的を達成することは、広い意味ではそれ自体が「戦い」だとは思うのですが、むしろ「戦い」を不要な状態にしてしまうことこそ、「戦略」の最終的な目標だと思います。

 

ビジネスで用いられる「戦略」の目的の捉え方として、「持続的に自社に優位な、差別化されたポジショニングを確立し、継続的な成長・発展を可能にする」というものがありますが、ある意味でこれは「戦わずして人の兵を屈する」状態を目指すものと捉えることができます。

 

そうは言っても、目の前の目標に対してはどうしても「戦い」たくなるのが人情だなあと思いますし、その「闘争心」は必要だとも感じます。

だからこそ、少なくともまだ未熟なうちは、きちんと「戦略」に向き合う時間を別に設けることが重要だと考えています。

 

超訳孫子の兵法
超訳孫子の兵法

posted with amazlet at 11.08.17
許 成準
彩図社
売り上げランキング: 23360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です