先ず勝つべからざるを為す

善戦者、先為不可勝、以待敵之可勝、不可勝在己、可勝在敵、

善く戦う者は、先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。勝つべからざるは己に在るも、勝つべきは敵に在り。

(孫子 刑編 四)

『孫子』では、自らを負けない形・場所に置くことが重要視されます。どんなに強くても、必ず勝てるわけではないというのは、忘れがちな本質です。

 

「戦い」というものを考えると、必ず敵が存在します。敵が構えを整え、勢いもあるときに戦うのは愚かであり、勝つためには敵の「敗亡の構え」に乗ずるべきというのが戦略ということだと思います。

 

ただ、己については「不勝の構え」を整えることはできるというのが本節で述べられることです。それが「勝つべからざるは己、勝つべきは敵」ということです。

 

敵に侵されない構えを作り、敵の「敗亡の構え」を待ち、討つ。それが「戦い」であり、「勝つ」ということだと考えています。

 

新装版 孫子(上) (講談社文庫)
海音寺 潮五郎
講談社
売り上げランキング: 137712

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です