百戦して殆うからず

知彼知己者、百戦不殆、不知彼而知己、一勝一負、不知彼不知己、毎戦必殆、

彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。

(孫子 謀攻編 五)

『孫子』の中でも最も有名と言ってよい一節です。『孫子』を読んでみると、「彼れを知り、己を知りて、殆うからざる」という状態について、もう少し詳しい説明が見られます。

 

つまり、「彼れを知り、己を知りて、殆うからざる」とは、

  • 戦ってよいときと、戦ってはならないときをわきまえている
  • 大軍と寡軍のそれぞれの用い方を知っている
  • 国や軍の上下の想いが合わさっている
  • 自らは良く謀り、油断している敵に当たる
  • 将軍が有能で、主君がそれに干渉しない

の五つによって勝ちを知ることであると。

 

これをより上位に捉えると「彼れを知り、己を知る」ということになるのだと思いますが、ここまでシンプルで浸透しやすいメッセージに昇華されていることには感動すら覚えます。

 

「彼れを知り、己を知る」と言ったとき、単純に力や性格を知ろうとしてしまいますが、決してそれだけには留まらない言葉なのだと思います。

 

孫子 (講談社学術文庫)
孫子 (講談社学術文庫)
posted with amazlet at 11.06.08
浅野 裕一
講談社
売り上げランキング: 46379


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*