勝つことを尊び、久しきを尊ばず

兵貴勝、不貴久、

兵は勝つことを尊ぶ。久しきを尊ばず。

(孫子  作戦編  四)

『孫子』は勝ちを望みますが、戦い自体は望みません。『孫子』が最高の兵法書と呼ばれるゆえんの一つがここにあるのではないかと感じる一節です。

 

同じく「作戦編」の「拙速を聞くも巧久を賭ざる」も同様ですが、『孫子』は戦いが長引くことを厭い、さらに「謀攻編」の「全うするを上と為す」で説かれるように戦い自体を最上のものとはしません。

上兵は謀を伐つ」が教えるように、戦いを生じさせない勝ち方が最上であり、戦いを好むような振る舞いは下策とされます。

 

戦いには人と資金が必要であり、また時を失うことによって本来為されるはずの生産は止まってしまいます。兵法において最も重要なことは勝つことであり、勝ちはなるべく速やかに穫るべきとされます。

 

「戦うこと」と「勝つこと」は、ともすれば混同されがちですが、我々が目指すべきは「勝つこと」であり、「戦うこと」ではない。そこに武を修める神髄があると感じます。

 

『孫子』は「兵は国の大事」とし、入念な情報収集・分析・状況判断と軍備・蓄えを備えた上で決断すべき事項とします。戦いはそのように始め、ひとたび始めれば素早く武器を収めることを推奨します。

「武」という字は「戈(か)」(古代中国の武器の一種)と「止」から成り、「止」は足跡の形を表した象形文字で「すすむ」という意味と同時に「とめる」という意味を持ちますが、「武」の一字に込められた意味と『孫子』には、通じるところが多いと感じます。

 

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
守屋 洋
三笠書房
売り上げランキング: 2,559

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です