軽ければ本を失う

重為軽根、静為躁君、軽則失本、躁則失君、

重きは軽きの根為り、静かなるは躁がしきの君為り。軽ければ則ち本を失い、躁がしければ則ち君を失う。

(老子  上編  第二十六章)

生き方の根底に何を持つべきか、『老子』にはそんな示唆が多いと思っています。

 

「軽いもの」から「重いもの」を生み出すことはできない。

それは物理的にもそうであるように、人の態度や生き方から見てもそうなのだと思います。

 

同様に、「騒々しさ」は軽さであり、決して「騒々しさ」を主体に据えて、確かな判断を押し進めることはできないのだと思います。

 

ここでは省略していますが、本章には「万乗の主」(一万の戦車を統べる、天下の主)がその身を軽々しく扱うことを戒める一文も含まれています。

人の上に立つ者や君子には、「重き・静かさ」を本に据えて、かつ、「軽き・躁がしさ」を巧みに御するという能力が求められるのだと捉えています。

 

精神の重心を低く保ち、腰を据えて、日々を生きていきたいものです。

 

バカボンのパパと読む「老子」  角川SSC新書 (角川SSC新書)
ドリアン助川
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011-11-10)
売り上げランキング: 5839

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です