曲なれば則ち全し

古之所謂曲則全者、豈虚言哉、誠全而帰之、

古の所謂「曲なれば則ち全し」とは、豈に虚言ならんや。誠に全うして之を帰す。

(老子 上編 第二十二章)

何かを全うするためには、ねじ曲がることができなければならない。

 

歴史を振り返ってみると、本当に「まっすぐ」を貫き通して生涯を全うした人もいますが、それは万人に一人の才能です。「まっすぐ」を貫き通そうとする人は、多くの場合、非命に斃れ短い生涯を閉じることが多いように思います。

 

私は、「まっすぐ」に生きることはもちろん重要なのですが、長く生きることも事業を為すためには重要だと思っています。そして、そのためには適度にねじ曲がることが大切になるときもあると思うのです。

 

一方で、「」はとても大切で、要は変わらないものをどのようにしても持つかということだと思っています。事業を為すには、変わらない「」を持つことと、ねじ曲げられる柔軟な想いや態度を持つことの双方が必要とされると理解しています。

 

『老子』に限らず、古人の知恵というものは理解するのは容易でも、それを活かし実行するところに工夫、すなわち「学習」の意義があります。書物を読むだけでなく、実践することの大切さを想います。

 

老子の無言
老子の無言

posted with amazlet at 11.09.05
田口佳史
光文社
売り上げランキング: 66132

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です