大成は欠けたるが若し

大成若缺、其用不弊、大直若屈、大功若拙、清静為天下正、

大成は欠けたるが若きも、其の用は弊せず。大直は屈せるが若く、大功は拙なるが若し。清静なるは天下の正となる。

(老子 下編 第四十五章)

非常に概念的にしか捉えられてはいないのですが、『老子』における最上の概念は玄く、欠けていて、曲がっていて、拙く、そして定まることのない静かで巨大なものだと思っています。

 

玄いからこそ汚れることがなく、欠けているからこそ壊れることもない。「大器」となるためには、汚れたり、欠けたり、曲がったりするくらいにもがく必要がある。その上で、志を失わないことが「大器」となるためには必要で、やはり「大器」は「晩成」するのだと思います。

 

「大器」という志と、ただ眼前の事象に対して正しいと思う道を進み、もがくことを失わない。その先にいつか「晩成」する「大器」が見えると良いなと思います。

 

老子 (岩波文庫)
老子 (岩波文庫)

posted with amazlet at 11.07.25
老子
岩波書店
売り上げランキング: 26013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です