天下の為に其の心を渾にす

聖人無常心、以百姓心為心、聖人在天下、歙歙為天下渾其心、

聖人は常の心無し、百姓の心を以て心と為す。聖人の天下に在るは、歙歙として天下の為に其の心を渾にす。

(老子 下編 第四十九章)

「聖人に仁無し」と並び、『老子』の中で魅力を感じる一章です。信念の在り方を覆すという意味で、逆説に満ちた『老子』の性質を良く表した一章だと感じます。

 

一般に「信念」とは変わらぬものと捉えられがちなのではないかと思いますが、「常でない信念が本当の信念である」というのが本質だと思っています。なぜならば、「善も不善も善とし、信も不信も信とすることで、善と信が得られる」からです。

 

「渾」や「玄」は『老子』の根幹の思想であり、「渾大」、「玄徳」を備えた人物になりたいと思うのです。人材を活かしたり、人を愛したりということも「渾」によって達成されるものだと思っています。

 

孟嘗君(1) (講談社文庫)
宮城谷 昌光
講談社
売り上げランキング: 21917

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です