利を見ては義を思う

見利思義、見危授命、久要不忘平生之言、亦可以為成人矣、

利を見ては義を思い、危を見ては命を授け、久要平生の言を忘れずば、亦以て成人と為すべし。

(論語  憲問第十四  十三)

子路が孔子に「成人」(人格の完成した人)とはどのような人かを問うたのに対する孔子の回答が、ここでご紹介した一節です。

 

「利を見ては義を思う」とは非常にシンプルでありながら、これさえ忘れなければ生き方を大きく誤ることはないと感じさせる言葉です。

ちなみに「要」は約束するという意味で、「久要平生の言」とは「旧くから約束してきた、普段の言葉」、つまり自らが約した言動と解することができます。

 

『論語』において、子路との対話を集めた「子路第十三」には

速やかならんことを欲すれば則ち達せず。

小利を見れば則ち大事成らず。

という孔子の言葉があり、こちらもシンプルに生き方を教えてくれる一節です。

 

「義を判断基準とし、命を賭して、誠実に生きる」。「着実に歩みを進め、小利に惑わされない」。自ら足りないと感じることばかりが多いですが、忘れずに意識しておきたい教訓です。

 

論語に学ぶ (PHP文庫)
論語に学ぶ (PHP文庫)

posted with amazlet at 13.01.27
安岡 正篤
PHP研究所
売り上げランキング: 8,401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です