餘力あれば文を学ぶ

弟子入則孝、出則弟、勤而信、汎愛衆而親仁、行而有餘力、則以学文、

弟子、入りては則ち孝に、出でては則ち弟に、謹んで信に、汎く衆を愛して仁に親づき、行うて餘力あれば則ち以て文を学ぶ。

(論語  学而第一  六)

恥ずかしながら『論語』や儒教と言うと、とかく形式を重んじ、実践的・現実的ではないという印象を私自身は持っていたのですが、そういう想いを正してくれた一節です。

 

「弟子」は「人の子、弟である者」ということで、要は若者のことです。これは「人」と言い換えても良いと思います。

 

家の中では親に尽くし、外に出ては年長者を敬い、慎み深く信頼を得るように努め、衆人を愛して思いやりを持つ。

これが第一の務めであり、さらに余力があれば文化・武芸を学ぶ。これが修養を積むということだと『論語』は説きます。

 

学問と言うと、とにかく書物・武芸に励めばと良いと感じる向きもありますが、そうではない。日常を尽くすことにより、人倫を極めるのが学問である。

そういう意味で、現代で言う「学問」と古来より人が目指してきた「学問」とは、道を違えているという感もあります。

 

続く章では子夏(文学で著名な、孔子の弟子)の言として、日常に誠を尽くすことが出来ていれば「未だ学ばずと曰ふと雖も、吾は之を学びたりと謂わん」と著されています。

 

学問の本分は畢竟、日常に誠を尽くすことだという最も大切な真理を教えてくれる一節です。

 

孔子伝 (中公文庫BIBLIO)
孔子伝 (中公文庫BIBLIO)

posted with amazlet at 12.10.28
白川 静
中央公論新社
売り上げランキング: 84822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です