君子の学ぶや、動静に形る

君子之学也、入乎耳、箸乎心、布乎四体、形乎動静、小人之学也、入乎耳、出乎口、

君子の学ぶや、耳より入りて、心に箸き、四体に布きて、動静に形る。小人の学ぶや、耳より入りて、口より出ず。

(荀子 勧学編 十三)

心から学び、行動を形づくるということが学ぶということである。

 

もちろん日々のコミュニケーションの中では、知ったことをすぐに表現することで信頼を獲得するということもあるのですが、志については決してそうではない。その大切さを教えてくれる一節です。

 

『荀子』の言葉はストレートであるが故に、とても耳に痛い言葉が多いのですが、「シンプルに徳を積むことの大切さ」と「それが凡人にでも可能である」ことを教えてくれていると感じます。

 

ぶれない志を固め、学び続けていける人になりたいと思うこの頃です。

 

奇貨居くべし―春風篇 (中公文庫)
宮城谷 昌光
中央公論新社
売り上げランキング: 153289

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です