藍よりも青し

青取之於藍、而青於藍、氷水為之、而寒於水、

青は藍より出でて、而も藍より青し。氷は水之を為して、而も水より寒し。

(荀子 勧学編 一)

「出藍の誉れ」といった成語でも有名な『荀子』勧学編の冒頭の一節です。

 

『荀子』は性悪説で有名ですが、「藍より青し」の一文を見ると人間に対する強い信頼感を感じます。なぜなら「出藍」とは、人が努力によってどこまでも高まる可能性を説いているからです。

 

どうしても愚直に生きるということを馬鹿らしく感じてしまうことがありますが、愚直に努力することでのみ「青」になれると説く『荀子』は、大した才能がない私にも勇気を与えてくれる書物です。

 

ただ一心に自己を高めていきたいと、日々思い返して生きたいものです。

 

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)
岩波書店
売り上げランキング: 89592

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です