養生の道は恃むを戒しむ

養生の道は恃むを戒しむ。わが身のつよきを恃み、若きを恃み、病の少いゆるを恃む。是みな、わざはひの本也。 (養生訓  巻第二  七) 『養生訓』は江戸時代の儒学者、貝原益軒が著した健康・長寿を保つための心構えや具体的な生活...