随 – 澤上雷下、澤雷随(上卦 十七)

澤雷随

雷地豫で和楽、豫(たの)しみ、豫(よろ)こびのときを迎えると、人々だけでなく、あらゆるものが魅力を感じて付き随ってくる。発展の1つの完成形が澤雷随です。

 

剛来りて柔に下り、動いて説ぶ

民を豫(よろ)こばせ、豫(たの)しませるなら、もの皆これに随う。下卦の雷は動き、上卦の澤は説(よろこ)びを示すので、こちら動いて向こうが説(よろこ)び、相随って澤雷随となります。

 

随、剛来而下柔、動而説随、大亨貞无咎、而天下随之、随之時義大矣哉、

随は、剛来りて柔に下る。動いて説ぶは随なり。大いに亨る、貞にして咎なし。而して天下之に随う。随の時義、大いなるかな。

随のときには、あらゆるものが集まってくる。善いものも悪いものも引き寄せます。そのため、貞(ただ)しい態度であって初めて咎がない。随は大いに亨りますが、貞でなければ咎を受けることになります。

 

澤雷随も乾為天と同様、「元、亨、貞、利」の四徳を備えていますが、万物の源である乾為天の四徳は天行と同様、尽きることがないのに対し、発展の先である澤雷随には「貞にして咎なし」という条件が付くのが面白いところです。

 

君子、晦きに嚮って入りて宴息す

随の卦は、外に説(よろこ)び(澤)があり、活動(雷)は内にあります。つまり、表面的には楽しんでいるが、本当の動きは内にある。この内なる修養が非常に大切です。

澤中有雷随、君子以嚮晦入宴息、

澤中に雷有るは随なり。君子以て晦(くら)きに嚮(むか)って、入りて宴息す。

『平家物語』が「諸行無常、盛者必衰」を謳うまでもなく、「驕れるものは久しからず」であり、「猛き人もついには亡びぬ」が自然の道理だろうと思います。

 

外で活発に活動すればするほど、内では時に随って休む必要があります。「宴」は「安」に通じます。つまり、君子は昼は休まず働くけれども、日が暮れて晦(くら)くなれば、奥に入って安息する。

この安息、内に入って静かに修養することが、随の卦が教える智慧だと感じます。この修養が足りないと、とんだ問題が発生する。

 

易も六十四卦のうち、4分の1まで進んできましたが、雷地豫までは比較的わかりやすい発展です。ここから少しずつ、機微が深くなり、複雑になってくる。澤雷随は1つの成熟であり、それゆえに腐敗・壊乱の入り口でもあります。

 

完全定本 易占大全
完全定本 易占大全

posted with amazlet at 14.06.08
盧恆立(レイモンド・ロー)
河出書房新社
売り上げランキング: 139,144

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です