大有 – 火上天下、火天大有(上卦 十四)

大有

地より火が起こり天に上る、閉塞(天地否)を志通う者たちの和同によって打破する天下同人に続くのが、火天大有の卦です。大いなる所有を示す一方、満ちることはまた衰退を示唆します。

 

大有は元いに亨る

天下同人を逆さまにした形、綜卦(そうか)が火天大有であり、天高く燃え上がる太陽が万物を照らす形です。下卦の天は剛健、上卦の火は文明に通じ、この2つの徳を有する大有は、

其徳剛健而文明、応乎天而時行、是以元亨、

その徳は剛健にして文明、天に応じて時に行く、ここを以て元(おお)いに亨る。

とされます。

六爻の中で上の2つは「天」、つまり理想を表しますが、最上位の爻は高すぎて下ることができず、逆に悪い。そこで上から2つ目の五爻が組織における尊位を表し、そこに統合含蓄の徳である陰爻が配置されている点が重要なポイントです。

 

大有の卦では上卦の中心(五爻、上から2つ目の爻)にある陰爻が、活動的な残り5つの陽爻をまとめ、ただ亨るではなく、元いに亨ることが可能となります。

 

悪を遏め、天の命に順う

亨るものは自ずから衰退への道です。尊位に皆を許容しまとめる仁人を置くことで、一時は元いに亨ることができますが、発展の中には必ず善悪双方が生じ、発展のエネルギーを受けて悪が巨大になることもあります。そこで、

火在天上大有、君子以遏惡揚善、順天休命、

火天上に在るは大有なり。君子以て悪を遏(とど)め善を揚げ、天の休命に順う。

「休」という字は人と木(禾)からなり、木(禾)は軍門の表木です。表木の前で表彰を受ける形が「休」であり、それは美・善に通じます。ここでいう「休命」とは、天道に従う善なるものです。

 

所有するものが大である以上、悪を遏め、善を揚げて、天(自然)に順じて統治を行わなくては大損・大悪になりかねない。これは組織においても、個人においても同様である。

とかく驕奢の心は生じやすく、衰亡は歴史の常です。大有はまた、戒慎恐懼を教える卦でもあります。

 

人生に生かす易経
人生に生かす易経

posted with amazlet at 14.03.21
竹村 亞希子
致知出版社
売り上げランキング: 32,425

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です