訟 – 天上水下、天水訟(上経 六)

訟

の卦を反転させると、この訟の卦となります。需が「待つ」、「求む」であり、「飲食宴楽し、精神を豊かにする」ときであったのに対して、訟はその字の通り「訟(あらそ)い」、「争い」を表します。

 

生長すれば訟い生ず – 戒慎のとき

と成長すると、人は要求を始めます。あるいは、事業を始めるといろいろと問題が生じます。

訟、有孚窒、惕中吉、終凶、利見大人、不利渉大川、

訟は孚(まこと)有りて窒(ふさ)がる。惕(おそ)れて中すれば吉。終えんとすれば凶。大人を見るに利あり。大川を渉るに利あらず。

訟は上卦に健やかさを示す「天」、下卦に険しさを示す「水」を配しており、外に向かっては活動的であるものの、内心に険しいものがあることを表します。また、組織で言えば、上に強権を振るう者があり、下の者は陰険で隙を狙っている。

つまり、「孚(まこと)はあるものの、塞がって」おり、まだ大川を渉るには万全とは言いがたい状態です。

 

「惕(おそ)れる」は天命に対して慎ましくあることで、天命を尊重し、留まるなら吉。一方、無理に物事を終えようとすれば凶であるとされます。

 

大人の徳により、行き違いを解消する

訟のときは大人に会って、訴えを聞いてもらい、正しく導いてもらうことが重要です。逆に大人は、子供がうるさいからといっていい加減にしたり急いではだめで、じっくりと教えることが大切とされます。

天與水違行訟、君子以作事謀始、

天と水と違(たが)い行くは訟なり。君子以て事を作(な)すに始めを謀る。

上卦の「天」は上ろうとし、下卦の「水」は下ろうとする。両者が反対方向に行こうとするので争訟が起こります。

そこで君子は、物事はなす場合には始めをよくよく考える。もちろん、物事を進めていけばその都度、問題は発生しますが、だからこそ始めを慎重にし、争訟が起こらないように上と下の方向付けを謀ることが大切と教えます。

 

の卦と合わせて読むと、さらに深みのある教えだと感じます。

 

「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
竹村 亞希子
致知出版社
売り上げランキング: 48,996

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です