坤 – 地上地下、坤為地(上経 二)

坤

が「天」であり「君」であるのに対して、坤は「地」、「臣」の象徴です。乾の卦が各爻すべて陽であるのに対し、坤の卦は各爻すべてが陰であり、乾坤両卦が揃うことで万物が生じます。

 

天地あり、然る後に万物生ず

は万物創造のエネルギーですが、乾(陽)だけでは生成化育が始まらないというのが、非常に面白いところです。いわゆる「天地あり、然る後に万物生ず」であり、乾坤が揃って初めて、実体が生まれます。

 

陰陽は暗い/明るいといった単純なものではなく、木であれば地上に出ている幹・枝・葉は陽であり、地下に隠れてその生長を支える根が陰となります。

国家や企業でいうと、目に見える形で指し示されるビジョン・想いが陽、戦略・計画といったものが陰と言えるのかもしれません。いずれにせよ、発現されるエネルギーとそれを受け入れ、支える存在が対となって、生成がなされるというのが易の教えるところなのだと思います。

 

牝馬の貞 – 至れる坤元

坤にもと同様、四徳があり、

坤、元亨、利牝馬之貞、

坤は元(おお)いに亨(とお)る、牝馬の貞に利あり。

とされます。元・亨・利は乾と同じですが、乾で単に「貞」とされたものが「牝馬の貞」となります。

 

「牝馬の貞」とは「従順で健やかに、どこまでも地上を行くもの」とされ、

先んずれば迷い、後るれば主を得て、利あり。

とされます。つまり、エネルギー・ビジョン・想いがまずあって、それに健やかに追従することが成功の秘訣と教えます。国家であれ、企業であれ、個人であれ、まず想いが重要であるというのは、直感にも適っていると感じます。

 

坤(地)は非常に優れたものでありながら、乾(天)に従い、乾(天)を受けることで万物の母となります。は「大いなるかな乾元、万物資(と)りて始む」とされるのに対し、坤は「至れるかな坤元、万物資(と)りて生ず」となります。

乾坤は天地、君臣、男女であり、地・臣・女が「至れる」というのは、まさにその通りだと感じます。

 

万物を載せ、包容する徳

坤の卦を要約するのが以下の一節です。

地勢坤、君子以厚徳載物、

地勢は坤なり、君子以て徳を厚うし、物を載す。

地は万物を載せて、包容しています。坤の卦は力を受けて、万物を生成し、しかも包容するという徳を教えてくれます。

 

易の話 (講談社学術文庫)
金谷 治
講談社
売り上げランキング: 105,691

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です