剣法正伝真の極意者

夫れ剣法正伝真の極意者、別に法なし、敵の好む処に随いて勝を得るにあり。

(山岡鉄舟 剣法邪正弁)

山岡鉄舟は幕末三舟(勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟)の一人として有名な幕末の幕臣です。「無刀流」の祖である彼の武道論、武士道論は感じるところが非常に多く、もっと学ぶ必要があるなと感じます。

 

合気道でも、敵に攻めさせることが重要です。なぜなら、攻めることがバランスを崩すことだからと私は考えています。また、宮城谷昌光の『太公望』に、「先に立たず、先に攻めず、先に勝たず。これ、必勝の法なり」とする一文が現れ、とても感銘を受けた記憶があります。

 

気を起こさせ、その気を挫く。そして、戦意を挫く。これが勝つということだと考えています。

 

山岡鉄舟 剣禅話 (タチバナ教養文庫)
山岡 鉄舟
たちばな出版
売り上げランキング: 78247

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です