大将たる人は

大将たる人は威というものなくては万人の押さえ成り難し。

(黒田如水)

戦国末期の智将、黒田如水(孝高、官兵衛)の言葉と伝えられる一節です。

 

日々、生死をかけた戦いが繰り返される戦国時代の武将の言葉は、非常に重みを感じるものが多くあります。特に高名な武将の言葉は「武」に偏ずるわけではなく、「文武」の調和の上に生き方が説かれていると感じることが多く、感じるところがあります。

 

ここでご紹介した一節については、続いて「無理矢理に居丈高になることのまずさ」が説かれており、「威」というものの正しい在り方を考えさせられます。

 

「威力」は事業を為す上でも、日々生きる上でも、非常に重要だと思っています。一対一の戦いでも「威力」はとても重要ですが、一対多になるとその重要性はさらに大きくなります。

 

「強いて人を叱り喝す事はなけれども」自然に場を制することができる、「自ら威備わる」人を目指して錬磨したいものです。

 

黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫)
浜野 卓也
PHP研究所
売り上げランキング: 105546

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です