断じて行えば、鬼神も避く

断じて之を行えば、鬼神も之をを避く。

大事を断ぜんと欲せば、先ず成敗を忘れよ。

(吉田松蔭 正月晦夜、感を書す)

志とは心が指し示す想いというように理解していますが、この志を固めることが先ず最初にすべきことと考えています。

 

大きな志は、それが成功するとか失敗するとかは関係なく、ただそれを達成するという強い想いによってのみ達せられるものだと思います。

「凌雲の志」、「鴻鵠の志」といった言葉がありますが、それは他人から見れば馬鹿げていても、出来ると信じ、先ずは志を持つことが物事を動かすきっかけになるのだろうと思います。

 

笑われても、失敗の可能性が高くとも、ただ鬼神も避けてしまうような強い志を持ち、決断して取り組む。逆に言うと、他人の志を馬鹿げていると笑っていては、決して大きな成功を手にできないのではと思います。

 

吉田松陰
吉田松陰

posted with amazlet at 11.06.04
川口 雅昭
致知出版社
売り上げランキング: 21174

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です