廟堂に立ちて大政を理するは

廟堂に立ちて大政を理するは、天道を行ふものなり。故に公平無私、正道を踏み、賢人を採り、能く其職に任ふる人を用いて政柄を執らしむるは、則ち天意なり。 故に真に賢人と認むれば、直ちに我が職を譲るの誠心なかる可からず。如何に国...

人情は水の如し

人情は水の如し。之をして平波穏流の如くならしむるを得たりと為す。若し然らずして之を激し之を塞がば、忽ち狂瀾怒濤を起さん。懼れざる可けんや。 (佐藤一斎  言志後録  一六九) 「感情があふれる」といった表現がありますが、...

重職と申すは

重職と申すは、家国の大事を取計べき職にして、此重の字を取失ひ、軽々しきはあしく候。 (佐藤一斎  重職心得箇条  一) もちろん日本語に限らず、名前・名称というのは非常に大切なもので、古人の名付けには深い知恵を感じます。

己を愛せざるものなり

己を愛するは宜しからざる事の第一なり。修行の出来ざるも、事の成らざるも、過を改むる事の出来ざるも、功に伐り驕慢の生ずるも、皆自ら愛する為めなれば、決して己を愛せざるものなり。 (西郷隆盛 『大西郷遺訓』) 非常に耳の痛い...

平日、道を踏むべし

平日道を踏まざる人は、事に臨みて狼狽し、処分の出来ざるものなり。 (西郷隆盛 『大西郷遺訓』) 松下村塾の驥足、久坂玄端は「無事、有事の如く、有事、無事の如し」の人であったということですが、大西郷もまさに泰然の人という感...

道に志す者は偉業を尊ばず

道に志す者は、偉業を尊ばぬもの也。 人の意表に出て、一時の快適を好むは未熟の事なり。戒む可し。 (西郷隆盛 『大西郷遺訓』) 「志」と言うと、どうも立身出世や野心と捉えられることがありますが、それは全く違うということを教...

少にして学べば

少にして学べば、則ち壮にして為すことあり。 壮にして学べば、則ち老いて衰えず。 老にして学べば、則ち死して朽ちず。 (佐藤一斎  言志晩録  第六十条) 「三学戒」として有名な、佐藤一斎の『言志四録』の一節です。

大形におもひては

此書にかきつけたる所、一言一言、一字一字にて思案すべし。 大形におもひては、道のちがふ事多かるべし。 (宮本武蔵  五輪書  水之巻) 有名な宮本武蔵の『五輪書』、「水之巻」の冒頭に現れる一節です。

敬天愛人

道は天地自然のものなれば、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以て終始す可し。 (西郷隆盛 『大西郷遺訓』) 「敬天愛人」は、西郷隆盛がもっとも大切にした眼目の一つです。

賢者の楽しむところは道

賢者の楽しむところは道のみ、好むところは善のみ。 勢位利禄、ひとつも心に入るところなし。 (講孟箚記 安政三年五月十七日) 私は、今はそれほど「勢位利禄」に興味がないと思っているのですが、やはりそれには人間を捉えて放さな...